横顔も抜かりなく整えれば美人度アップ|鼻整形で自慢の鼻をゲット

レディー

顔の中心で印象に残る

女の人

意外とわからない

人の第一印象でまず記憶に残りやすいのは、顔の中心にある鼻です。そのためか鼻が低かったり、幅が広い、団子鼻など鼻のことで悩んでいる方はたくさんいます。そんな鼻のことが気になって暇さえあれば鏡を見てしまったり、自分の顔の写真を見てため息をついたりと鼻整形を考えても勇気が出ない方もいます。鼻整形をしたいと思っても人に知られるのが怖くてできないと思われていますが、実は鼻整形はばれにくい手術なのです。それは鼻整形をしたいと考えている方の多くは、鼻を小さくしたりスマートにしたいと希望しているためです。鼻が目立たなくなれば顔を見ても印象に残りにくく、顔全体も締まってみえるので小顔になったような印象を与えるのです。手軽にできるプチ整形にヒアルロン酸の注入やSBCプロテーゼがありますが、両目の幅が狭くなり鼻が高くなることでメリハリのある顔立ちとなり大人になった印象を与えることができます。しかし一時的なものではなくずっと満足感を維持したいと思うなら、本格的な施術を受けることで理想に近づくのです。つまり鼻整形はそう何回もするものではなく、一生ものの施術になります。施術にあたっての不安や疑問は直接担当の医師や女性カウンセラーに相談できる美容外科があります。

施術の種類

鼻整形にはそれぞれの悩みに応じて様々な施術がありますが、鼻が低いことで悩んでいるなら手軽にできるヒアルロン酸注入は、鼻筋が引き締まって大人の印象に変わります。鼻の形を美しくしたい方の人気のある施術は、柔らかいシリコンを鼻筋に入れるSBCソフトプロテーゼです。団子鼻が気になる方には、鼻尖形成術で鼻が小さくなり気品のある雰囲気が出てきます。鼻の横幅が広いために鼻が目立つことで悩んでいる方には、鼻翼縮小術があり鼻の面積を小さくする施術があります。また鼻の穴が見える豚鼻は、鼻中隔延長術を行うと鼻の穴が見えなくなるので全く違う印象になります。さらには施術を受けて1年の間にどうも違和感があったり、あまり変化を感じないようなら無料で治療できる安心保証制度もあります。施術の流れは施術前にメール相談して、事前にカウンセリングを受けます。施術を受ける方の要望を聞きながら、現実の症例などを照らし合わせてシュミレーション行い具体的な施術法を決めていきます。次に医師から患者に手術にあたってのリスクや麻酔や施術の方法について説明があります。医師も患者も同意できたら手術に入ります。そして麻酔してから施術します。施術後は担当医がメールでフォローしてくれて色々とアドバイスを受けることができます。